HOME 風水家相1 風水家相2 風水の生まれ 風水のQ&A form

風水の生まれ

風水がブームになってきたのは、ここ10年のことでしょうか? ちょうどパワーストーンのブーム後くらいから、急速に一般に広まりました。
しかし日本に風水が伝えられたのは、今から1400年、あるいは1800年もの昔ともいわれています。
ただしその当時は、今のように住宅中心には、使われてはいなかったのです。

古代文明の発祥の地の一つとして、中国の黄河、揚子江などの大河があります。古代中国人は、人間は水から生まれ、水に育てられ、水によって健康や運命までも決定されると考えていました。また、天の怒りは風となり、人間の吉凶禍福も左右するものと考えられていました。そのため、水が豊富で風のない場所に古代の都市は築かれました。
こういった中国的な自然観があり、そこから自然界の「気」のエネルギーを読み取って運命を好転させていく「風水」へと発展していったといえます。

そもそも風水は古代中国において、紀元前400年頃には、すでにあったようで、王や武将が利用していました。
その時代は戦国時代で、国中は皇帝の座を巡って、血で血を洗う時代でした。負けた側は、子供も含め親族皆殺しだったのです。もし生き残ったものがいれば、成人して自分の命を狙いかねないという不安から、たとえ乳飲み子でも容赦ありませんでした。


その後、秦の始皇帝が始めて中国全土を統一し、風水も今の形に近いものに、まとめられ始めたといます。
その後、二世紀になって天文学、三世紀には気功も取り入れられ、医学にも応用され始めました。

また羅針盤の発展によって、八世紀に航海技術、九世紀に墓地の場所選択にも応用され始めました。
それ以降、大陸では家よりもお墓を大切にしています。この点は日本と違うところです。

日本への伝来


日本には、現象としては古墳など、二世紀よりも古くから風水の思想が存在する、とも言われています。

少なくとも、仏教の伝来とともに、六世紀ごろ朝鮮半島を経由して、入ってきたという説は、堅いようです。

そして初めて風水を学び、実践したのは聖徳太子だと言われています。その後、高僧や陰陽師らによって、全国に広まって行きます。

都市の計画から始まって、寺社仏閣などの公的な建物へと応用されていきます。しかし残念なことに、江戸時代中期から、迷信や俗信が加わっていったようです。

もしかすると今も、風水は乱れつつあるのかもしれません。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

注目サイト

デリヘルを大阪で探す
http://www.evo-one.net/

2017/2/9 更新

idou